九十九緑の徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田内閣の「社会保障・税一体改革大綱」

<<   作成日時 : 2012/02/18 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二日続きで小雪が舞う寒い日である。
「社会保障の充実」「社会保障の安定財源確保」のために「消費税大増税」というのが「一体改革」の建前であるが、「社会保障の削減・切り捨て」と「庶民大増税」を一体にというのが、ことの本質ではないか。
かつて消費税が導入されたときも、税率が引き上げられた時も、建前は社会保障の拡充の為であったが、全くのでたらめであったことは現状が示している。
今回の一体改革では、「社会保障の充実」を掲げていても具体的には社会保障改悪を目指しているし、税収をあげようというのに、大企業への減税はちゃんと用意されている。
世論調査ではマスコミあげての消費税増税キャンペーンにもかかわらず増税反対が賛成を上回る。
しかし、増税賛成者数も無視できない。
消費税の本質や、消費税に頼らなくても社会保障保障財源はあることを、もっともっと広げることが必要だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野田内閣の「社会保障・税一体改革大綱」 九十九緑の徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる