アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治」のブログ記事

みんなの「政治」ブログ

タイトル 日 時
「建国記念の日」に思う
安部首相の靖国参拝。安倍総理の任命したNHK経営委員、長谷川三千子の野村秋介氏礼賛にみる科学的とは無縁の皇国史観や女性観。先の都知事選挙での同じくNHK経営委員・百田尚樹氏の侵略戦争を正当化する応援演説。いづれも大きな批判に居直る。その都知事選では百田氏や石原慎太郎氏などの支援を受けた田母神氏が60万票を超える得票をした。田母神氏への投票は世代では20代で最も高かったといわれる。 いま、改めて歴史の真実と社会のありようについて若者に問いかけ語ることが必要ではないか。 国民休日の日は結構だが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/11 17:37
中村法道長崎県知事の本末転倒
中村知事は諫早湾開門調査に向けた事前工事に着手しようとしたことについて、「地元に混乱を生じさせた」として国を批判した。 知事にその資格はあるのか。知事の言動は、一貫して、反対住民を煽ってきたではないか。ここにこそ地元を混乱させている原因がある。 開門調査は長崎県だけの問題ではない。 知事は、裁判での「確定判決を守る」という遵法義務があるはずだ。判決は開門を求めている。知事は、深刻な漁業被害、開門を求める漁業者に真摯に向かい合うべきである。開門反対者も、やみくもな実力行使ではなく真摯に対話に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/28 18:16
麻生太郎副総理&橋下徹大阪市長
麻生氏は自らの「ナチスの手口を学んだらどうか」発言が国際的批判を浴びる中、その発言を取り消した。取り消したのは結構だが、その理由は「真意が誤解されているから」。政治家は、「誤解を生む発言」をすること自体が問題なのだが、「ナチスの手口を学んだらどうか」のどこに誤解を招く余地があるのだろうか。氏の国際感覚と歴史観は政治家として完全に失格ではないか。 この麻生発言を橋下氏が「ブラックジューク」と擁護した。これまた国際感覚ゼロである。そして、「(ナチス)を正当化した発言でないのは、国語力があればすぐわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/08/03 19:50
共産党しか選択肢はないのとちがう
みなさん、こんばんわ。およそ10ヵ月ぶりの書き込みです。 パソコンも買い換えての再出発はネット解禁の参議院選挙公示に合わせました。 マスコミはあげて、「ねじれ国会の解消」が最大の争点と報じているが、「政治の中身をどうするか」が置き去りにされては困る。 昨日の日本記者クラブ主催の党首討論は、安倍自民党の広告番組ではないか、社会の木鐸たる矜持はどこにいったのか。 民主の失政で政権に返り咲いた自民・公明が暴走をはじめている。(かたはしからボロをだしつつではあるが)、維新も、なんとか党も(名前を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 20:14
北朝鮮「ロケット」問題
北朝鮮の「ロケット」発射は、国連安保理決議違反で許せない。 しかし、野田内閣の対応は、過敏反応であり、あまりに異常である。 真剣に北朝鮮問題を解決する外交努力を放棄し、自衛隊出番の絶好の機会とばかりに「はしゃぎ、喜んでいる」ように思われる。 沖縄本島、宮古、石垣の両島と首都圏に、迎撃能力そのものも疑わしい、「対地空誘導弾パトリオット」をものものしく配備し、イージス艦を展開させているが、ここにも野田内閣の本質が丸ごと現れている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 19:58
孤立死を悼む
孤立死を悼む 花々が賑やかに美を競う季節がやってきた。写真は、散歩道で見つけた雪柳。 今日の新聞記事で真っ先に目が行ったのは、福島県南相馬市の母子「孤立死」。69歳の母親と49歳の長男。凍死の疑いもあると報じている。昨年、3・11以降「絆」という言葉が盛んに語られ、年末恒例の清水寺の漢字にもなったが、年明けと共に対局にある「孤立」社会が浮き彫りになっている。明日は我が身かと思うむきは少なくないはずだ。 1月、釧路市で高齢の夫妻、札幌市で40代の姉妹、2月、立川市の40代の母と幼児、さいたま市の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 21:44
原子力安全委員会の責任は
 内閣府の原子力安全委員会は、関電・大飯原発のストレステストについて、経産省の原子力安全・保安院が2月に妥当とした評価の手法を確認し、これを妥当との判断を示した。 この判断のための臨時会議をわざわざ公開としながらわずか5分での結論という。 記者会見では、「原子力安全委員会には、安全の可否についての判断は求められていないと」発言されたという。 一方で妥当と言い、一方で安全性への責任はもたないという。こんな委員会の報告をもとに、政府が政治判断などすることは許されぬ。 そもそも、保安院も安全委... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/23 21:59
野田内閣の「社会保障・税一体改革大綱」
二日続きで小雪が舞う寒い日である。 「社会保障の充実」「社会保障の安定財源確保」のために「消費税大増税」というのが「一体改革」の建前であるが、「社会保障の削減・切り捨て」と「庶民大増税」を一体にというのが、ことの本質ではないか。 かつて消費税が導入されたときも、税率が引き上げられた時も、建前は社会保障の拡充の為であったが、全くのでたらめであったことは現状が示している。 今回の一体改革では、「社会保障の充実」を掲げていても具体的には社会保障改悪を目指しているし、税収をあげようというのに、大企... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/18 21:54
春を待つ
春を待つ  梅園神社の梅を見にいった。寒さが続いたためか、今年はまだ固いつぼみが多かった。それでも日当たりのよい枝に数輪、開いた花を見つけた。梅を満開にする春よ、急いで来い。  民主党政権の風も、ひときわ、この身に冷たい。雀の涙ほどの年金でやっと暮らしているのに引き下げだと。とんでもない話だ。  自然の春は、待てばよいが、政治の春は、国民の力が引き寄せる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 22:15
野田政権の一体改革にもの申す
野田政権の一体改革にもの申す 雨の中、廃屋の庭に蝋梅の透き通るような黄色の花を発見。明日にはもう一度撮影に以降と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/19 21:07
新首相は消費税増税論者
政権交代から2年目、3人目の宰相が生まれることになった。自公政権も末期に毎年総理の首をすげ替えたが、同じ道を辿っている。新首相は自公との大連立も視野にあるとか。政権の交代が政治の中身の交代ではないことが、いっそう鮮明だ。国民不在の権力闘争はいい加減にして欲しいものだ。 消費税増税も、公約に反して推進する立場を鮮明にした。政治の中身を変えれば、「消費税に頼らなくても財源は確保できる」。消費税増税反対の声をいっそう大きくする必要がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 19:35
原爆の日、石原東京都知事の見識
8月6日、今日は66年目の広島原爆の日である。長崎でも投下時刻にはサイレンがなり、全市で黙祷が行われた。 石原東京都知事が、「核保有の模擬実験をやったっらいい」と述べたとのマスコミ報道があった。 「日本はスーパーコンピューターを使って原爆のシミュレーションなんかすぐできる。やったらいい。プルとニュームは山ほどある」「日本は強力な軍事国家にならなかったら絶対に存在感を失う」石原知事の一連の発言である。 かつて人気作家であり、国民的な人気俳優を弟に持ち、知名度抜群で知事になったが、人間としての... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/06 18:51

トップへ | みんなの「政治」ブログ

九十九緑の徒然日記 政治のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる